進研ゼミ

小学生・中学生・高校生におすすめの本が満載!by進研ゼミ 電子図書館 まなびライブラリー

サイトマップ 使い方 よくあるご質問 利用規約 進研ゼミ会員向けログイン

障害者とともに働く

藤井 克徳/星川 安之

内容紹介・あらすじ

「働く」って何だろう? 「仕事」をするのは何のため? 「障害のある人の労働」をテーマに,障害者が働くさまざまな企業や事業所の事例を紹介します.テレワークの広がりやAIの導入など人々の働き方が大きく転換するなかで,誰もが笑顔で働ける社会のあり方を考えます.

ためし読み
学年
中学2年生 から
ページ数
204
出版社
岩波書店
発行年
2020
ジャンル
社会・文化

みんなの感想

みんなの感想とは
  • Aya 小学6年生
    障害を持っているひとにはよくわかるのですが障害を持っているから出来ないでしょ?みたいなことを言いますが障害を持っているひとにもできることがあるということを知って欲しいです。(私も障害持っています)
  • ウサギ餅 高校2年生
    障害といっても、それぞれ特性がある。健常者が飽きてしまいそうな軽作業も、飽きずにコツコツできる人もいる。接客が苦手でも棚卸し作業が得意な人もいる。それぞれ得意分野で無理をしない範囲で働ければいいと思う。
  • ラプラプ王 中学3年生
    僕の弟も障害を持っていて将来どうなるのかとても不安、でも障害者にも分け隔てなく接してくれると僕も嬉しい、だからこのような本や障害者についての本を皆さんに知ってほしい、そして障害者と平等に生きてほしい僕はずっとそれを願っています。

きもちボタン

  • おもしろかった
    48
  • 発見 ( はっけん ) があった
    44
  • おどろいた
    41
  • 感動 ( かんどう ) した
    36
  • 45
  • ( やく ) ( ) った
    47

本のおすすめ検索ワード

動画のおすすめ検索ワード

  1. 電子図書館まなびライブラリー・たいけんひろば HOME
  2. 社会・文化
  3. 障害者とともに働く