進研ゼミ

小学生・中学生・高校生におすすめの本が満載!by進研ゼミ 電子図書館 まなびライブラリー

サイトマップ 使い方 よくあるご質問 利用規約 進研ゼミ会員向けログイン

わたし、がんばったよ。 急性骨髄性白血病をのりこえた女の子のお話。

岩貞るみこ 松本ぷりっつ

内容紹介・あらすじ

急性骨髄性白血病をのりこえた美咲ちゃんと家族。自分の病気をお友だちにもっと知ってもらいたい、と美咲ちゃんは絵本を書きました。

みんなの感想

みんなの感想とは
  • ゆっき 中学1年生
    この本は、是非一度読んだほうがいいほんです。 この本を、読む前は、あまりこの病気のことを、知りませんでした。 今もこの病気と戦っている人がたくさんいるから私にも何かできないかと、考えた結果私の長い髪の毛を、へードネーションんとして寄付する事を、決めました。 この本を、読んで色々な感情が出てきました。 この本を、読んでから、私は、人が困っていたら助ける。等この本を、読むのと読まないのでは、違うと思います。 この本は、是非一度読んで見てください! 凄く見やすいです。
  • れーいーレモン 小学5年生
    まっすぐ生きようとする美咲ちゃんの姿に、時々泣きそうになりました。苦い薬も頑張って飲んだり、いたい手術も我慢した美咲ちゃんの一生懸命な心構えは、読む人すべての心を打つと思います。
  • ひらりら 中学2年生
    有名な方々が白血病になってしまうニュースがあっても、あまり分かっていなかったけど、このお話を聞いてどれだけ大変なのか、退院後の生活が大変なんだなと分かりました。自分もいろんな事に感謝して健康でいられることを当たり前だと思わないで、頑張って生きていきたいと思いました。
  • カボチャ 小学5年生
    普段の生活がどれだけ有り難いのか、改めてよく考えることができる きっかけにもなり、とても良いお話だと思いました。 そして、自分が健康に生きていることがどれだけ幸せな事か、 命の深さを覚えました。
  • 津澤です 中学1年生
    改めて、「病気」という誰にでも起こり得る、一種の物語を学びました。既存の世界は、ある意味崩壊している、と生命は汚れていると見える言葉もありますが、やはり、世界は綺麗で、一生懸命に這いつくばる生命は美しく、強く、そして大樹のようなあたたかさを持っているなと感じました。ふと、心が軽くなった気がします。
  • うーちゃん 小学4年生
    病気になってしまったおんなのこが大変だけど、みんなのちからをかりながら、乗り越えていくお話です。とても感動して、なにごともがんばろうと思える力をもらえました!
  • シポポ 小学4年生
    私は、このお話を読んで命の大切さがもっと分かりました。 私自身、病気です。 けれど、病気のことは気にしていません。 学校も問題なく行けています。 朝と夜薬をのみます。 ただ、1年に1回病院に行っています。 けれど、保険の授業の時、私だけ病気は、恥ずかしいと思いました。みんなが私が病気と知っていなくてもそう思います。 けれど、このお話を読み病気だからといって恥ずかしいことはないことを知って安心しました。 これから母からもらった命を大切にしようと思います。
  • 和香 中学2年生
    私は今入院中です。辛いこと、痛いこと沢山あります。でも、私だけじゃない。辛い思いをしている人そして頑張って乗りきった人がいると分かりました。私も頑張ろうと思います。はやく病気を治して、家族や先生に感謝を伝えたいです。そしてみんなと同じ学校に行ってみたいです。
  • 舞音 中学1年生
    この本を読んで私は今幸せなんだなって思った。 朝起きて、眠い目をこすりながら学校にいって、みんなと笑って、寝て、また起きて、その繰り返しだけど、今もその繰り返しすらできていない人がどこかにいる。そう思うと、やっぱりすごく幸せなんだなって思う。 私なんかよりもずっと小さい子が頑張っているのを見て、勇気をもらった。私の小さい悩みくらいたいしたことないじゃん!って思った。 ありがとう。頑張れ。
  • ゆーゆ 小学6年生
    幸せな日常は、いい暮らしをする、お金持ちになるなどと思っていました。でも、本当の幸せは歩く、ご飯を食べるなど、そんな当たり前の事と、美咲ちゃんに気づかされました。この本を読んで、幸せについて考えることができました。
  • きみ 小学6年生
    感動した。私は痛みに弱いし、私よりも小さい子が乗り越えたのが凄いと思った。題名どうり頑張ったことが伝わってきた。乗り越えて、乗り越えて本の中でも頑張ったよ。と言ったことが読んでいて、わかった。何度読んでもいい話
  • MOCHI 中学2年生
    この本は、何気ない日常がそれをおくれない人々にとってどれほど大切なのか、教えてくれました。自分の身の回りにいる大切な人や自分はずっと「普通」な生活をおくられるんだ、と他人事に思っていた私の心を変えてくれました。本当に素敵な本です。
  • いちごちゃん 中学1年生
    この本でたくさん学びました。 私は、些細なことでやだやだいっていましたが、すごく自分にあきれました。 世界のどこかでは、こんなに頑張ってる子がいるってことを忘れずに自分の健康のありがたみを考え、自分の命を大切に生きていこうと思える本。
  • わぷちむ 小学6年生
    私はこの本を読んで、健康に過ごせることは当たり前じゃなくて、とても幸せなことだなと思いました。 私は母に進められてヘアドネーションをしました。 私の髪の毛が、治療で髪がなくなってしまった誰かの役に立てばいいなと思いました。 今持っている健康な体を大切にしようと思いました。
  • 紅丸(べにまる) 小学6年生
    「学校いきたくない」「掃除やりたくない」そんなことを私たちが軽々しく口にしているのに、「学校に行く」ことすらできない病気を抱えた人たちにとってはそんなことあり得なくて、毎日が戦いで大変なんだって気づかされる学生にとって大切な本だと思います。
  • もんこ 小学6年生
    普通の暮らしでは、つまらない。お金持ちになりたい。それが幸せ。 だと思っていたけれど、この本を読んで、みんなと一緒に遊んだり、笑いあったりする。ご飯を食べる。これが何よりの幸せなんだなと思いました。 今まで読んだ本の中でも一番感動し、幸せが一番わかった本です。 白血病とかガンがどれ程辛いのかがわかりました。
  • しろくまくん 小学5年生
    家族と一緒に辛い病気を乗り越えていくみさきちゃんの強さに泣いてしまいました。いつも家で美味しいご飯が食べられる、髪の毛を結んでおしゃれができる、家族と一緒に寝ることが出来る、そういう事が当たり前にできるのはすごく幸せなんだということを知りました。私にとっては当たり前のことが当たり前ではない人もいる。当たり前ってなんだろう。そう、考えさせられるお話だと思いました。
  • なっつ 小学6年生
    このお話を読んで、急性骨髄白血という病気についてしりました。 ヘアドネーションをやっているけどどんな子たちが必要なのかよく知らなかったので、さらにまた寄付したいなと思いました。 他のみんなにも知ってほしと思いました。
  • みかん 小学6年生
    この本を読んで、幸せにくらせることが当たり前のことじゃないんだなと思いました。この物語に出てきた、美咲ちゃんはどんなに同じクラスの子にいやなことを言われても、じゃあ病気のことを知ってもらおうとと努力するのがすごいと思いました。そして、感動しました。
  • フォーエイト 小学5年生
    私は、この本をよんで白血病のことがとてもよく分かったし、これからも応援しようと思いました。さらにそういういろんな病気があるので病気の子がいたら優しく寄り添ってあげようと思いました。とっても命の大切さがわかる本でした。

きもちボタン

  • おもしろかった
    33474
  • 発見 ( はっけん ) があった
    35850
  • おどろいた
    33863
  • 感動 ( かんどう ) した
    91341
  • 48334
  • ( やく ) ( ) った
    36570

本のおすすめ検索ワード

動画のおすすめ検索ワード

  1. 電子図書館まなびライブラリー・たいけんひろば HOME
  2. おはなし(よみもの) / 読み物(小説など)
  3. わたし、がんばったよ。 急性骨髄性白血病をのりこえた女の子のお話。