進研ゼミ

小学生・中学生・高校生におすすめの本が満載!by進研ゼミ 電子図書館 まなびライブラリー

サイトマップ 使い方 よくあるご質問 利用規約 進研ゼミ会員向けログイン

ぼくがスカートをはく日

エイミ・ポロンスキー [著];西田佳子 [訳];まめふく [絵];松中権 [解説]

内容紹介・あらすじ

今度、学校で演劇のオーディションが開催される。ぼくは、女神の役をやりたい。「男子が女子の役をやるんだって!」と言われるだろう。けれど、ぼくは自由に自分らしく生きたい。本物の女の子になりたい。――12歳のグレイソンは、一歩、進みはじめる。

ためし読み
学年
中学1年生 から
ページ数
296
出版社
Gakken
発行年
2018
ジャンル
読み物(小説など)

みんなの感想

みんなの感想とは
  • ひなび 中学2年生
    私も性別に違和感を持ち、すがるように読みはじめたのがこの本でした。感動するのはもちろんですが、知識もつくと思います。多くの人に読んでほしいです。
  • あゆるん 中学2年生
    改めてLGBTQ+の問題について考えることができる作品。 とても共感するものがあって、途中から泣いていました。 親でさえも理解してくれない。どこかもどかしい、そんな気持ちを代弁してくれるような作品です。自分が何か人と違う気がする、もしかすると自分はおかしいのかもしれない、そんな事を思ったらこの本を読んで欲しいです。
  • 常識破りさん 小学6年生
    男の子がスカートをはいて何が悪いの? 女の子がいつまでもがさつで何が悪いの? アニメが好きで何が悪い?陰キャで何が悪い? 女子力がなくて何が悪い?コミュ力がなくて何が悪い? 空を赤、月を青、太陽を緑でぬって、何が悪い? どうして常識をそのままやらなくてはならないの? こういうことを改めて考えさせてくれる本です。
  • ピンクの悪魔 中学3年生
    女子がズボンを履くことは、周りの人も認めやすいけど、男子がスカートを履くのは、まだあまり認められていないと思った。そんな世の中でも、体は男の子の主人公が、「女の子」である本当の自分をみんなに伝えようと努力していて、その勇気に、逆に勇気をもらった。
  • ミル猫 中学2年生
    俺は、グレイソンのようにハッキリと言えないし、性別に違和感を感じてるけど、他の人には言えない……グレイソンとは真逆の性格でした。だけどこの本を読んでから、カミングアウトしないスッキリしない。と思って家族に言えました。この本は性別に違和感を抱く人たちには、特におすすめのほんだと思いました。
  • ミレナ 小学5年生
    この本は今、世界で注目されているジェンダーレスについて具体的に考える本です。男は男らしく、女は女らしくいなければならない理由なんて無いし、自分が求める自分の姿でいていいんだ、と思わせてくれました。自分の性別に違和感を感じている私視点で読んだとき、共感できる事がたくさんあるから自然と涙が出てきました。読み進めているうちに私は私でいいんだ、と安心出来ました。とても感動する本です。
  • 中学3年生
    自分も性別に違和感をがあるので主人公に共感しながら読みました。そんなトランスジェンダーの人やそうじゃない人でも学べることがある作品で面白かったです。
  • みゅう 小学6年生
    性別について悩むグレイソンが、「自分らしく」生きる姿が、すごく感動しました。もし、自分がグレイソンの友達の立場だったら...と考えさせられる一冊でした。
  • めーちゃん 小学3年生
    今どきジェンダーレスだから、男性もスカートをはいて良いと思います。
  • I LOVE BOOK 小学6年生
    自由に自分らしく生きたいというのが大変素晴らしいと思います。 私は、この本を読んだおかげで、女の子だから…男の子だから…というものにしばられず、これからを生きていこうという考えを持つことができました。
  • 水晶 小学6年生
    最近ジェンダー平等という言葉をよく聞くようになったので読んでみました。この本を読んで自分の考え方が正しくなるといいなと思いました。性別は気にしないような生活をしていきたいです。そんな思いになりました。この世界がジェンダー平等になるといいなととても思えました。
  • まおくん 小学6年生
    沢山の人に後ろ指をさされても、前に向かって指を指して自分らしく進む 姿に心を打たれました。
  • SAN 小学6年生
    本当に、グレイソンはすごいと思うし、勇気がもらえます。ジェンダー平等は大切だと気付きました。
  • ひめひめ 小学4年生
    「女らしく」「男らしく」という決めつけを、くつがえすのがこの本です。平等は、SDGs(エスディージーズ)にもあります。それくらい大事なことを、考えさせられる本です。
  • らずり 小学6年生
    私も性別に違和感があり、悩んでいたときにこの本を見つけました。私はこの本を読んで、男の子だから男の子らしく、女の子だから女の子らしくではなくて「自分だから自分らしく」が大切だと思いました。そして私は男の子、女の子関係なくこれから先自分らしく生きていきたいと思います。
  • 中学3年生
    今はトランスジェンダーの男性がスカート履くみたいな感じだけど、ファッションとしてメンズスカートってものがあるんだから、もっと寛容に受け入れられたらいいのにと思う。

きもちボタン

  • おもしろかった
    3072
  • 発見 ( はっけん ) があった
    2315
  • おどろいた
    1918
  • 感動 ( かんどう ) した
    3177
  • 2429
  • ( やく ) ( ) った
    2144

本のおすすめ検索ワード

動画のおすすめ検索ワード

  1. 電子図書館まなびライブラリー・たいけんひろば HOME
  2. 読み物(小説など)
  3. ぼくがスカートをはく日