進研ゼミ

小学生・中学生・高校生におすすめの本が満載!by進研ゼミ 電子図書館 まなびライブラリー

サイトマップ 使い方 よくあるご質問 利用規約 進研ゼミ会員向けログイン

小学生・中学生・高校生におすすめの本が満載!by進研ゼミ 電子図書館 まなびライブラリー たいけんひろば

MENU

人は見た目!と言うけれど

私の顔で、自分らしく

外川 浩子

内容紹介・あらすじ

もし自分の顔に、目立つあざや傷あとがあったら…? そうした症状をもつ人たちが直面する、いじめや差別などの困難――見た目問題。当事者と共に悩み、失敗をくり返しながら解決に取り組んできた著者が、脱毛症、口唇口蓋裂、アルビノなど様々な症状の人たちの体験を伝え、家族や先生など周りの人はどう関係を築けばよいのかを考える。

ためし読み
学年
中学1年生 から
ページ数
220
出版社
岩波書店
発行年
2020
ジャンル
社会・文化

みんなの感想

みんなの感想とは
  • さくらそーだ 中学2年生
    私は一重で鼻も高くはなかったので、自分の顔にコンプレックスを抱いていました。そんな時にこの本を読んで、世の中には「生まれつき」というものがあることを知りました。本当に大切なことは、外見ではなく自分らしくいることだと思いました。私と同じく、自分の顔にコンプレックスを持っている人はぜひ読んでほしいです。もしかするとあなたの中で何かが変わるかもしれません。
  • アストキミ 中学1年生
    結局見た目じゃんと思うことも多い世の中。自分の見た目に劣等感を感じることもありますよね。自分らしくってなんだろう、自分に自信が持てない、、、そんなあなたにおすすめの一冊です。                            
  • えんどうまめ 小学6年生
    この本を読むまでは、生まれつきのアザや、見た目は、全然考えたこと、なかったけど、読んで考えさせてもらいました。見た目だけでいじめられる人もいるということを知って、悲しくなりました。改めて、人は見た目だけで、判断してはいけないと思いました。
  • こさぱす 中学1年生
    人を、見た目で判断してはいけないし、そういう人の事を受け入れてあげることも大切なんだな。ということがわかりました。
  • 熱血クレープ 中学2年生
    私は、円形脱毛症だった時期がありました。この本を読む前は、隠そう隠そうと必死でしたが、今振り返ってみると、そんなに切羽詰まらなくても良かったなあと思います。決して自分に非があるわけではない症状で、つらい思いをしている人がたくさんいると知って、前よりもさらに 見た目問題に関心がわきました。
  • れもんぐらす 中学3年生
    私は可愛くなれない、どうせ可愛い服を着たって....と悩んでいましたが、沢山勇気をもらえました。
  • わんわん 中学1年生
    私も外見がとても嫌です。でもこの本を読んだらそんなこと無いなと思えました。とっても良い本です。
  • NanaNa 中学3年生
    見た目が少し違うというだけで当事者が悲しい思いをしてしまうことがあると知って、ショックを受けました。今は本だけでなく、動画サイトやSNSで様々なことを知ることができます。なので、たくさんの人がこのようなことを知って、お互いの個性や違いを認め合える社会になってほしいと思います。
  • もにか 中学1年生
    「私も人は見た目で判断することが多かったな」と、この本を読んで思いました。見た目で判断して「うわ!」「えっ!」って思って見ることがあると思うけどそれはされてる人からするとものすごく嫌なことなんだって分かる本だと思います。 この本は当たり前のことを気づかせてくれる本だと思います。 ぜひ、読んでみてください。
  • ゆきりん。 中学2年生
    人は、全てが見た目だけじゃないんだよ ということを改めて教えてくれた素敵な作品でした! 自分らしさを大切にして、これからの生活を過ごしていきたいです。 読んでいない方は、ぜひ読んでみてください!
  • 魔界で暮らしたい女 中学1年生
    自分はみんなと違う、、、、、だからなんでしょう?人を見た目できめるのはよくありません。 人について考えてしまう本です。
  • おんぷ 中学1年生
    「人は見た目!というけれど」 この話は見た目が人と違いすぎることで差別を受けた人のお話です。 すごく考えさせられるお話で、この本を読み終わった頃にはもうすでに考え方が変わっていました。 脱毛症の人など見た目のことで辛い経験をした人がなぜこれほど差別されてしまうのかをすごく考えさせられました。 まだ人は見た目!という世の中で私たちがどうすればいいかを考えられます。
  • ゆずれもん 中学1年生
    [考えたこともなかった、、] これは今回、この本を読んだときに無意識にでてしまった言葉です。 私は自分の顔にコンプレックスを抱いていたことがあります。 私は将来人前にでる仕事をしたいと思っていますが、自分にはできないんじゃないか、と悩んでいました。ですがこれを見て自分が恵まれている環境にいることを知ることができました。 これからは生まれつきを大切にして生活したいと思います。
  • モカ 小学6年生
    私は、人の見た目ではなく、人の心を見ることが大切だと思いました。みんな違って、みんな良いっていうじゃないですか。その通りです。見た目なんて関係ないです。その人その人の個性だと思って、これからも過ごしていこうと思います。
  • まんか 小学3年生
    私は、障害をもっている人がまわりにいないのでこの本をよんで初めて障害のつらさを知り、助けたいと思いました。 人は見た目ではんだんしてはいけないんだな、と言うことをみんなにもっとしってもらいたいです。
  • ルルナ☆ 中学1年生
    私には、言葉がどもり上手く発音できない吃音症という症状を持っています。症状が出始めたのは、幼稚園の年中か年長ぐらいの頃です。そのため、クラスメートにはからかわれておりコンプレックスを持っていました。吃音症と知る前は言葉がどもりやすいのは私だけではないのかと思っていました。私が吃音症の症状があることが分かったのは、10月の始め頃です。私だけでなく、他にも吃音症で悩む人がいっぱいいるのだと、知り驚きました。障害や病気があったとしても、自分達と同じ一人の人間であることがとても伝わりました。
  • hyk雛(・e・) 中学1年生
    当事者に、「可哀想」「気持ち悪い」そんな発言をする人達が一番「可哀想」だと思いました。この地球に住む誰もがなりうることを他人事のように暴言を吐いている。こんなことは起こってはいけないことです。もし自分が当事者になったとき「可哀想」「気持ち悪い」こんな言葉を掛けてほしいですか?...。
  • りんりん 中学1年生
    私たちには、みんなそれぞれ違った個性を持っています。 私も、この人たちのように自分の個性をプラスにとらえ、立派に成長できる人になりたいです。
  • ぽむち 中学1年生
    わたしには、コンプレックスのほくろがあります。 マスクを外すときに、ほくろが見えて恥ずかしいので 給食の時には手でかくして食べていました。 習い事のスイミングのときも手でかくしています。 でもこの本を読んでから、 見た目を気にしすぎないようにしていこうと思いました。
  • 梨々 小学6年生
    私のクラスにも障害を持っている子がいます。私はその子のことはあまり何とも思っていませんでしたが、心のどこかでは「変だな。」と思っていました。ですが、この本を読んで障害は持っているとこんなに辛いんだと思いました。それなのに私はなにも知らないで「変だな。」と決め付けていたのに反省しました。この本は障害を持っている人がどんな風に生活してたのかがわかる本です。

きもちボタン

  • おもしろかった
    1260
  • 発見 ( はっけん ) があった
    1485
  • おどろいた
    1120
  • 感動 ( かんどう ) した
    1670
  • 1544
  • ( やく ) ( ) った
    1323
  • 「まなびライブラリー・たいけんひろば」では、掲載の作品の紹介や、試し読みができたり、みんなの感想を読んだりできます。自分にあう本を探すヒントがたくさんあります。
  • 「みんなの感想」では、編集室が選んだ、小学生・中学生・高校生の感想を公開していきます。みんなの感想を参考にすれば、きっと読みたい本が見つかります。
  • 進研ゼミ会員になると、読んだ本の感想を書いたり、おすすめの本を紹介してもらえたり、本を読む楽しさがいっそう広がります。
  • 「まなびライブラリー・たいけんひろば」は、小学生・中学生・高校生のかたに、本が読みたくなる、本好きになる約1000冊のおすすめブックリストとして無料でお役立ていただけます。
  • 試し読みができるから、読みたくなる本にどんどん出合えます。夏休み・冬休みの読書感想文・自由研究の本を探すときにもぜひご利用ください。
  • 「たいけんひろば」でご紹介する本はすべて、進研ゼミに入会すると、追加受講費なしで自由に読むことができます。
  1. 電子図書館まなびライブラリー・たいけんひろば HOME
  2. 社会・文化
  3. 人は見た目!と言うけれど