進研ゼミ

小学生・中学生・高校生におすすめの本が満載!by進研ゼミ 電子図書館 まなびライブラリー

サイトマップ 使い方 よくあるご質問 利用規約 進研ゼミ会員向けログイン

「障害」ある人の「きょうだい」としての私

藤木 和子

内容紹介・あらすじ

障害児者とともに育ち,親よりも長い一生の関係となる「障害児者のきょうだい」.幼少期から差別や偏見を受け,身近な支援者としての役割を期待される一方で,自身のことは後回しにされてしまいがち…….「ヤングケアラー」としての自らの切実な悩みや体験も交えて,さまざまな新しい取組みを紹介,支援の必要性を訴える.

ためし読み
学年
中学1年生 から
ページ数
80
出版社
岩波書店
発行年
2022
ジャンル
社会・文化

みんなの感想

みんなの感想とは
  • 中学1年生
    私も、「きょうだい」で、この本では共感できるところが多々ありました。「きょうだい」であるが故に我慢を強いられたり、傷ついたり、嫌な思いをしたり...... 私は、この本を読んで、「きょうだい」にも人権があったんだと気付き、少し気持ちが楽になりました。障碍のある兄弟のことで悩んでる人に是非読んでみてほしいです。

きもちボタン

  • おもしろかった
    63
  • 発見 ( はっけん ) があった
    72
  • おどろいた
    52
  • 感動 ( かんどう ) した
    60
  • 64
  • ( やく ) ( ) った
    67

本のおすすめ検索ワード

動画のおすすめ検索ワード

  1. 電子図書館まなびライブラリー・たいけんひろば HOME
  2. 社会・文化
  3. 「障害」ある人の「きょうだい」としての私